矯正歯科で美しい歯並びに!それが歯列矯正

歯列矯正とは矯正器具を装着することで歯を少しずつ移動して歯並びを整えることです。
かつては美容面が重視されて奇麗に見せることが中心となっていましたが、現在の矯正歯科では審美面と機能面の両方の回復を目指しています。

歯並びが悪いといっても様々な形態があり、不正咬合と言われる上下の歯がうまくかみ合わさっていないものから、乱杭歯とよばれる歯画凸凹にはえているもの、歯が重なりあってはえているもの等状態は色々あります。

歯並びが悪いことのデメリットとしては先ず気になるのは見栄えということになるでしょう。
人の第一印象は笑顔に影響されると言われています。
奇麗な歯を見せて笑えないことはついつい口元を手で覆うようなしぐさになる傾向もあります。
そのことがコンプレックスになって内気になる人もいるでしょう。
またきちんと噛み合わせができていないことで消化器にも負担をかけたり、顎の関節に影響を及ぼすこともあります。
何といってもきちんと歯磨きができないことによる虫歯や歯周病のリスクが高まることになります。

矯正歯科は歯並びを治したいと願う人の治療に当たります。
歯の先進国である北欧やアメリカでは歯並びを矯正することは自然なことになっています。
子供の歯列矯正は特殊な場合を除き、永久歯が生えそろった時点から始めます。
また大人になってからの矯正も可能で、最近では矯正器具を装着している人もよく見かけるようになりました。

また矯正歯科技術の進歩により目立たない装置も出てきており、周囲に気づかれずに矯正を行える方法もあります。
歯並びを整えることで顔のバランスも整えられるという事も多々あります。

矯正方法の一つにインビザラインというマウスピース型の矯正器具を使用する方法があります。
一日の内の多くの時間をこのマウスピースを使用して過ごすことになるのですが、自由に取り外しができることにより口腔内を清潔に保つことができ、またマウスピースは透明な素材で作られているので目立たないということが大きな特徴です。
このマウスピースを少しずつ変化させていき、希望する位置へ歯を移動させることができるのです。
難点は大きな歯の移動には向かないということでしょうか。

歯列矯正は元々生えている歯の位置を動かすために年単位の治療期間を要します。
見栄えが気になり、少しの歯の移動が目的の場合は半年程度で終わるものもあります。

子供のころから歯科を定期的に受診することは大切なことで、乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫という間違った考え方をしている人も多いのですが、虫歯になっている乳歯がきちんと抜けないことで次にはえてくる永久歯の生え方にも影響を及ぼすこともあります。
歯列矯正も一つの方法ですが、その前に専門家である歯科医師に定期的に診察してもらい、リスクを減らすことはできます。